コンテンツへスキップ

白髪はよく目立つ位置に生えやすい

女性用白髪染めランキング を確認する前に、私の白髪の現状をお話ししましょう。
そうして頂くと、私の白髪の具合が分かって頂けるかと思います。

30歳になった頃から、白髪が、ちらほら目立つようになりました。
そして、30代半ば過ぎには、サイドの毛などが白く目立つようになり、
自分で白髪を染めるようになりました。
白髪染め歴は、4~5年くらいになります。
白髪が出始めた頃は、「皮膚が弱いので、白髪は染めたくないな~。」と思っていたのですが、
もともと童顔なので、顔の感じと、白い髪の毛の感じが合わなくなってきてしまい、
染めることにしました。

化学物質で皮膚がかぶれやすいので、何か天然の物で髪の毛の染める物はないだろうかと探したところ、
「ヘナ」という天然の物で出来ている、白髪染めがあることがわかりました。
そして、ネット通販で購入をし、早速使ってみたところ、自分には合っていました。
「かぶれないで使える白髪染めがあって、よかった~。」とホッとしたのを覚えています。

ヘナ100%のものは、すべて植物で出来ています。
私は、この混ぜ物の無い、ヘナ100%のものを使って染めています。

ヘナ100%の白髪染めは、白髪だけに染まります。
そして、元来持つ植物の色で、白髪が「赤オレンジ色」に染め上がります。

そこで、元々ある黒い色の髪の毛と、赤オレンジ色に仕上がった髪の毛とになるわけですが、
白髪がちらほらのレベルや、白髪が黒髪よりだいぶ少ないのなら、
色メッシュみたいで、自分的には問題ないと感じて使っています。

使い始めた当初は、二か月に一回くらいの割合で染めていたのですが、徐々に白髪が増えてきたので、
それでは間に合わなくなり、今では、一カ月に一回ほどの割合で染めています。

私の場合、こめかみ辺りの横の髪の毛が、一番白髪になりやすく、目立つ位置なので、
それが悩みです。染めても、髪の毛が生えてくると、すぐに生え際が白くなって、
人の目に入りやすいので、髪型も工夫して、なるべくこめかみ部分の生え際が、
目立たないようなヘアースタイルにするように、毎日しています。

ヘナで白髪染めをする時は、ヘナをぬるま湯でペースト状にして頭に塗ってから、
ちゃんと染まるよう、私は二時間くらい置いた後、お湯で流すので、
冬場の寒い時期は、頭や体が冷えてしまうのも、悩みです。
冬場のヘナ白髪染め後は、よく湯船に使って、体を温めます。

これから、今後もっと白髪が増えていくと思うので、元々ショートカットヘアも好きなので、
髪の毛を短くして、染めやすくしておきたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です